最近の記事

2013年10月22日

GACKT 名言

本当に会話が上手な人は、会話の中に否定形は出てこない。


人に 100%の事を望むなら、 自分は300、400%やって初めて相手に自分の思いが届く。


僕にとっての若さっていうのは、目の前に広がる大地があったとしたら、
そんな中で顔を上げて、怖れずに前に進んでいく事の 出来る力なんじゃないのかな。
それは年なんて全く関係なくて、自分自身が持っている意志。
それが、一番結びついてるものなんじゃないかな。
僕はそんな年の取り方がしたい。


悩むのは、答えを導く材料がまだ揃ってないから。
だったらその材料を探しに、前に進んでみたら。









posted by ヤマト at 21:51| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柿谷曜一朗 名言

僕がボール持った時は期待しといて下さい。


今はこういう試合(練習試合) から一個一個大事にしたいっていう思いがあるんで


周りが薦めて代表入りっていう入り方は、僕は絶対したくない。
自分で自分を認めてから入りたい


自信無かったらサッカー辞めた方がいい







posted by ヤマト at 21:43| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司 名言

僕はどっちかと言うと、下から這い上がって来たほうだし、
スーパースターとしてここまで来た人間ではないです。
常に自分の同世代には自分の上を行く凄い選手がいて、
それがいい意味で凄く刺激になっていた。
悔しいという気持ちを常に持っていました。


存在感のある人間というのは、一目見たらわかるでしょ。
オレは日本にいる時から『オーラがないね』ってよく言われるんです。
でも、それは悔しいじゃないですか、サッカー選手として。
スターになるというのではなく、存在感のある選手になりたいんですよ。


監督から100言われて100やるつもりもないし、ロボットみたいな選手になりたくない。
監督に媚を売るようなね。


オレが一番大事にしているのは、闘う姿勢。
技術はその次、といったら変ですけど、まずは気持ちの面で絶対負けないという意識を持たないと。
そういう気持ちを常に持ってやっているのがいい方向に働いているのかな。









posted by ヤマト at 21:37| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大倉忠義(関ジャニ∞(ジャニーズ)) 名言

楽しく生きるのは大切やけど、ぬるま湯につかってるような毎日じゃいかん。


努力してる人が成功するとは限らないけど、成功した人はみんな努力してる。


現状維持は後退。


必ず誰か見てる。
必ず報われる。
人間、やれないことなんてないよ。





posted by ヤマト at 20:58| Comment(0) | あ行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大塚 寧々 名言

広い意味で考えると、人生においては自分が主人公で、みんなが“HERO”なんじゃないかと思います。





posted by ヤマト at 20:54| Comment(0) | あ行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

遠藤保仁 名言

サッカーは団体競技だけど、ボールを持った時は1人になる。
その時、周囲に惑わされず、
ミスを恐れずに自分の判断と技術を信じてプレーできるかどうかだからね。


俺は、サッカーをやるからには『楽しくやりたい』と思っている。
仕事だってなんだって、楽しくやらないと成長できないし、
楽しいから『もっとうまくなりたい』と追求できる。


目標設定も特にしないし、自分にはっぱをかけることもしない。
言葉を書いて意識づけすることもしない。
目標も対戦する相手もどんどん変わっていく。
必要なことは、最低限、自分の頭の中にとどめておけばいい。


「夢はグラウンドに落ちている」と、俺は思っている。
チャンスをもらった時、いかに普段通りに、自然体でプレーできるか。
そのためには若い時からいろんなことにトライして、試合や大会を通して経験を積み、
自分のモノにしていく努力をすべきだ。
そうすれば徐々に自信もついてくる。
何もやらないで、自信だけが突然、身に付くことはないからね。


『気持ちの強さ』は、世界に通じる選手になるためには、すごく重要な資質のひとつだと俺は思う。
そして、『気持ちの強さ』が生む最後の踏ん張りが勝利には非常に重要になってくる。


余計なことは考えない。
どういう試合になるというイメージは持たない。
ボールと相手とピッチだけを見て戦う。
こういうプレーをしようとか、相手はこうくるだろうとかイメージしていると、
その考えにプレーが縛られてしまう。
だから、試合になったら無心になるようにしている。
無心になって、本能に任せて動く


あれこれ考えるよりも俺は、 目の前の試合をしっかりプレーしていくことが 一番大事だと思っている。
目前のことをしっかりできない選手が、 先のことなどできるわけがない。











posted by ヤマト at 23:30| Comment(0) | あ行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江角マキコ 名言

恋のトキメキって、怖くなるときがあるのね。
大恋愛ってひとつの魔法みたいなもので、
そのとき、何か魔法にかかっているみたいな。
もちろんそれも楽しいし、あったほうがいいに決まっている。
ただ、それはいつか絶対冷めると思う。
その魔法がとけたときに何が残っているか。
そのときに本当の相性みたいな、その人の人間性がわかるような気がする


本音を言えばどんなお仕事であれ、 いつも『これやったら女優を辞めよう』って思っているんです。 『次がある』なんて考えたことないですし、そういう意味では毎回“革命”ですね。
私にとって女優という仕事は大好きだけど、大嫌いという存在なんです


常に自分の中で小さな革命を起こしていきたい


最初からできる子はいないんだよ、みんな、影で努力しているんだよ。
だから、できないというのはある意味すごくチャンスなんです











posted by ヤマト at 23:17| Comment(0) | あ行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲垣吾郎 名言

友達とは、”絆”を感じる人のこと。
僕はいろんな人に会って、広がりを持ちたい。
いろんな出会いがあるこの仕事は、やっぱり素晴らしい


メンバーそれぞれがまるで夫婦のように足りないところを補い合い、
パズルがきちっとはまるようにバランスがとれた、すごいグループだと思う


他人に認めてもらうには、まず自分が努力すること。


10年以上走り続けて、今回立ち止まって考えたことは、やっぱり僕はこの仕事が好きなんだってこと。
多分他の世界では生きられない。
SMAPで良かったって、心から思った。メンバーがいたから、今、僕はここにいる。


別れを悲観的に捉えないで、次のステップへの前向きな階段にしたい。
せっかく出会えたもの同士なら、ずっといい関係でいたいよね










posted by ヤマト at 23:09| Comment(0) | あ行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相葉雅紀 名言

楽しいから笑うんじゃなくて、笑えば楽しくなるだろうって考え方。
だから笑う


誰かが僕を応援してくれるなら、それがたとえ1人だけだとしても、
僕はその人を笑顔にするために、笑顔でいようと思うんです


俺は、リーダーみたいに多才じゃないし、翔ちゃんみたいに頭良くないし、 ニノみたいに演技上手くないし、松潤みたいにかっこ良くもないから せめて嘘つかずに皆を信じることだけは誰よりもやりたい


人を羨んだり妬んだりしても、自分に腹が立つだけで何一つ得られるものは無い。
そんな感情に支配されるより、今ある幸せに目を向ける方が、ずっと前向き


僕、多分2つのことを出来ないタイプなんですよ。
だから目の前のことをひとつひとつ丁寧にやっていきたいです。










posted by ヤマト at 22:59| Comment(0) | あ行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボブ・マーリー 名言

img_1559029_54506681_0.jpg


ボブ・マーリー(Bob Marley、1945年2月6日 - 1981年5月11日、出生名ロバート・ネスタ・マーリー Robert Nesta Marley)は、ジャマイカのレゲエミュージシャン。
その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。
メジャーデビューアルバム『キャッチ・ア・ファイア』。
エリック・クラプトンがカヴァーしたマーリーの楽曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が全米ビルボードチャート1位を獲得。 
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズとしても活動。


批判するな。自分自身を批判する前に。
批判するな。批判する覚悟がないのなら。


自分の精神を解放できるのは、自分自身でしかない


音に打ちのめされて傷付くものはいない 。
それが音楽のいいところ


誰もが自分の運命を決定する権利を持っている。


一体誰が僕の生き方を否定できるのか?
自分が完璧じゃないことは分かっているし、そうなろうともしていない


指をさして人を非難する前に、君のその手がよごれていないか確かめてくれ。


誰もがお前を傷つけるだろう。
ただその痛みを受け入れるだけの価値がある誰かを見つけることが大切だ













posted by ヤマト at 21:24| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。