最近の記事

2013年10月17日

ボブ・マーリー 名言

img_1559029_54506681_0.jpg


ボブ・マーリー(Bob Marley、1945年2月6日 - 1981年5月11日、出生名ロバート・ネスタ・マーリー Robert Nesta Marley)は、ジャマイカのレゲエミュージシャン。
その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。
メジャーデビューアルバム『キャッチ・ア・ファイア』。
エリック・クラプトンがカヴァーしたマーリーの楽曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が全米ビルボードチャート1位を獲得。 
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズとしても活動。


批判するな。自分自身を批判する前に。
批判するな。批判する覚悟がないのなら。


自分の精神を解放できるのは、自分自身でしかない


音に打ちのめされて傷付くものはいない 。
それが音楽のいいところ


誰もが自分の運命を決定する権利を持っている。


一体誰が僕の生き方を否定できるのか?
自分が完璧じゃないことは分かっているし、そうなろうともしていない


指をさして人を非難する前に、君のその手がよごれていないか確かめてくれ。


誰もがお前を傷つけるだろう。
ただその痛みを受け入れるだけの価値がある誰かを見つけることが大切だ













posted by ヤマト at 21:24| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボブ・ディラン 名言

2228725.jpg

ボブ・ディラン(Bob Dylan/1941年5月24日-/男性)は、アメリカ・ミネソタ州出身の男性シンガーソングライター、音楽家。出生名は「ロバート・アレン・ジマーマン(Robert Allen Zimmerman)」(後に本名も「ボブ・ディラン」に改名)。
1962年のレコードデビュー以来、「風に吹かれて」「時代は変る」「ミスター・タンブリン・マン」「ライク・ア・ローリング・ストーン」「見張塔からずっと」「天国への扉」などのヒット曲を世に送り出し、グラミー賞やアカデミー賞など数々の賞を受賞。
ロックの殿堂入りも果たし、「世代の代弁者」と称される人物。



君の立場になれば君が正しい。
僕の立場になれば僕が正しい。


未来への希望だって?
私は常に恐れを抱きながら未来のことを考えてきたよ。


どんなレッテルを貼られてもかまわない。
歌うためなら。


ブーイングは素敵だ。
逆に、やさしさが人を殺す場合がある。


ぼくにはヘンな癖があるけど、捨てなかった。
それがぼくの個性だから。


心のままに行け 最後はきっとうまくいく


朝起きて夜寝るまでの間に、自分が本当にしたいことをしていれば、その人は成功者だ。


最低の犯罪者とは、間違ったものを目にし、それが間違っていることに気づいたにもかかわらず、
そこから目を背けてしまう人たちだ。


私が自信を持って出来ることは、自分自身であること。
たとえ自分という存在が、どんな人間であろうとも。


素晴らしき孤立だ?
おれには孤立がそんなに素晴らしいとは思えないね


人は本当は男や女を探し求めているわけじゃなくて、
自分の内側に潜(ひそ)んでいるものを
目覚めさせてくれる人を探しているんだ


「ライク・ア・ローリング・ストーン」のような歌は自分でも聴いたことがない。
自分が今までしてきたことがあの歌になったんだ。


フォークは、ぼくが感じることを伝えていると思った。
人々や社会や思想などを。










posted by ヤマト at 20:21| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランク・シナトラ 名言

b0007805_23501818.jpg

フランシス・アルバート・フランク・シナトラ(Francis Albert "Frank" Sinatra、1915年12月12日 - 1998年5月14日)は、アメリカのジャズ・ポピュラー歌手。
現在も歌い継がれる数々の世界的大ヒット曲を世に送り出し、その卓越した歌唱力によって「ザ・ヴォイス」と称された。
エルヴィス・プレスリーやマイケル・ジャクソンなどと並び、20世紀を代表する歌手の一人である。
「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第3位にランキングされた。
第二次世界大戦前の1930年代より死去する1990年代までの長きに渡り現役の歌手として活動し、多くのミュージシャンに影響を与えた。
また、映画俳優としても活躍し、1953年には第26回アカデミー賞助演男優賞を受賞している他、数多くの名作、ヒット作に出演している。



酒は人類にとって最大の敵かもしれない
だが聖書はこう言っている、「汝の敵を愛せよ」と


人生の大きな教訓はね、何事に対しても決して怖気づいてはいけないということ


シンプルな「I love you」は、お金よりも意味がある


傷を隠すんじゃない。その傷が、君という人間を形成しているんだ


もし君が何か手放せない物を所有しているとすれば、それは所有しているとは言えない。
君が所有されているんだ


私はこんな風に名を残したい
素晴らしい人生を過ごした男。良き友、家族に恵まれた男
これ以上に何を求めることができようか




posted by ヤマト at 19:57| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビヴァリー・シルズ 名言

(Beverly Sills/1929年5月25日-2007年7月2日/女性)は、世界的に著名なアメリカのオペラ歌手。
1960年代から1970年代にかけて、コロラトゥーラ・ソプラノとして活躍。現役引退後に、
ニューヨーク・シティ歌劇場のゼネラル・マネージャー、リンカーン・センターの会長、
メトロポリタン歌劇場の委員長などを歴任。




価値のあることを成し遂げるための
近道なんてひとつもないの。


失敗すれば、がっかりするかもしれない。
でも、何もしなければ確実に絶望するわ。





posted by ヤマト at 19:45| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

バート・マンロー 名言

18782233_1774543640_35large.jpg

バート・マンロー(Burt Munro)ことハーバート・ジェームス・マンロー(Herbert James Munro, 1899年3月25日-1978年1月6日)は、ニュージーランド、インバーカーギル出身のライダー。

1967年、ボンネビル・ソルトフラッツにて自ら改造したインディアンで1000cc以下のオートバイ陸上速度記録を樹立した。彼の記録樹立までの奮闘は、アンソニー・ホプキンス主演の映画「世界最速のインディアン」(2005年)の元ネタとなっている。




このマシンでスピードに挑む時は、5分が一生に勝る。
一生よりも充実した5分間だ


夢を追わない人間は野菜と同じだ


顔にしわはあっても心はまだ18才


人間の一生は草に似ている。
春が来ると元気に伸びて 中年を迎えて実り
秋風が吹くと枯れ尽きてもう生き返らない。
人間も草と同じさ 死んだらそれで終わり。


リスクを恐れてはいかん。
それが人生のスパイスになる。
それが“生きる”ということだ。






posted by ヤマト at 12:36| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッチ・アダムス 名言

18782233_1763410223_43large.jpg

パッチ・アダムス(Patch Adams, 1945年5月28日 - )は、アメリカ合衆国の医師。クラウンドクター。
本名はハンター・キャンベル・アダムス(Hunter Campbell Adams)という。
ワシントンD.C.の生まれ。
トム・シャドヤック監督で、ロビン・ウィリアムズの主演になる映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』の実在のモデルである。
ホスピタルクラウン、クリニクラウンを始めた人。
現在も世界中でクラウニング活動の実践や、更なる普及に向けて講演活動をしている。




・死は敵ではない 病気と闘う場での一番の敵は”無関心”です

・笑いは目的ではなく、手段にすぎない

・飢えた子供を抱いたことがあるかい。それを生み出しているのは、富と権力と私たち…

・人から奪い取るより、与える方が豊かな社会になる

・パッチは人に尽くすが、その見返りは期待していない

・生きていることをのぞけば、ぼくたちは塵みたいな存在であり、生きていることに意味を与える のは僕たち自身しかない。

・“死ぬ”ということは、死を迎える直前の数分間の出来事を指すのである。
 それまで人は生きているのだ

・いつもうまくいくとは限らないし、時には失敗することもあるだろうが、
 いろいろなユーモアを試してみてすこしずつうまくなっていこう

・失敗する権利は誰にでもあるんだよ。当たって砕けろの覚悟で誘えばいい。
 駄目でもともと、駄目じゃなかったらそれはすごいことじゃないか

・患者さんが「いつ死ぬの?」と聞いてきたら、ぼくなら「今じゃない」と答えるだろう。
 一週間後には亡くなるかもしれないし、それは誰にもわからない。
 でも今は生きているんだから

・情熱は人をいきいきとさせる 世界平和は、一人一人の心の中から生まれる



パッチの「7つの信条」
1.ひとをケアする理由はただひとつ。人間を愛しているからです。

2.ケアは愛を動詞化する。ケアは概念ではなく、行動です。

3.ひとを思いやるという人生を送ることによって、あなたは自分のなかで一番深い平和と安らぎを 得る。

4.良い意味のお返しをすること(良きカルマを積む/カルマからの解放)。
 例えば、米国がアフガンに爆弾を落とし始めたとき、私はアフガンの人々を愛したいと思い、
 即座に現地に飛んだ。

5.平和のためにクリエイティブになる。例えば、死の床でアメイジング・グレイスを歌う。

6.情熱を持ち、不可能だと思っていた夢を見る。

7.ひとをケアすることは、科学的見地からしても、あなたのためにいいことがある。







posted by ヤマト at 12:14| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

プラトン 名言

carmide-platon.jpg


紀元前427年 - 紀元前347年、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。

プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。
『ソクラテスの弁明』や『国家』等の著作で知られる。
現存する著作はそのほとんどが対話篇という方式を採っており、一部の例外を除けば師のソクラテスを主要な語り手とする。






◆名言

愛に触れると、誰でも詩人になる。


自分に打ち勝つことは勝利のうちで最大のものである。


よく始められた仕事は、なかば終わったものである。


無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。


勝つは己に克つより大なるはなし。


信仰をもって闘えば、我々の武装力は二倍になる。










タグ:プラトン
posted by ヤマト at 00:58| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

ヒクソン・グレイシー 名言

55b7cf69.jpg


1959年11月21日 - 、ブラジルのブラジリアン柔術家、総合格闘家。リオデジャネイロ州出身。ヒクソン・グレイシー柔術所属。グレイシー柔術七段。バーリ・トゥード・ジャパン・オープン 1994、1995優勝。

グレイシー柔術の創始者エリオ・グレイシーの三男である。

日本においては、総合格闘技の試合で高田延彦や船木誠勝など著名なプロレスラー、格闘家を相次いで破った。バーリ・トゥードルール、いわゆる「なんでもあり」の試合、グレイシー柔術の技術を使っていたとはいえ、相手をテイクダウンし、マウントパンチで攻撃、最後は絞め技や関節技に持っていくというスタイルを使っていた。




◆名言

私は、飢えた目で闘いを挑んで自分の欠点を忘れたりはしない。いつも危険を意識して試合に臨むと同時に、どんな隙も見逃さず、すかさず食らいつく。


チャンスは必ず利用して決着をつけたが、決着をつけること自体を最優先したわけではなかった。


私は、相手の体格や制限時間などの条件を問わず、いつでも喜んで挑戦を受けてきた。そんなとき、まず心がけていたのは、「相手を打ちのめそうとしない」こと。決して自分がやられないことだ。


世界の中心が自分でないなら、もはや自分の人生だとはいえないのだ。


競争に勝つためには、自分の強みを知り、世の中を理解する能力を身につけること。
人が最初にしなければならないのは、それだ。


人は生まれた瞬間から、自分の思いどおりにはならない。競争の連続だ。


見えない力を手に入れるために、感覚を磨き、自分を捧げ、人として正しい行動を選び、深く物事を見つめること。
状況を把握し、正しい戦略を立てること。
欲しいものを手に入れて、自分で運命を切り開くこと。
幸運をあてにせず、自分のものは自分で取りにいくこと。


ストレスのある暮らし、緊張した生活を送り、嫌な気持ちのままで、家族のために何ができるというのだろう?
愛する人や友達の役に立てるだろうか? 仕事で活躍できるだろうか? そのまま無理に突き進めば、最後には倒れてしまうことだろう。


誰の役にも立たない人生なんて意味がない。自分のことしか考えず、人のためには指一本動かさない人間はただの自分勝手だ。しかし、人を助けるために自分の力を蓄えるのなら、それは立派な行動だ。だから自分を優先させる。


まずは最高の自分になること。そうすれば人のために何かができる。そして、最終的に自分という枠を超えて、人の役に立てるようになればいい。







posted by ヤマト at 13:17| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペレ 名言

img_1190604_36372123_21.jpg

本名エジソン・アランチス・ドゥ・ナシメント(Edison Arantes do Nascimento, 1940年10月23日 - )は、ブラジルの元サッカー選手。アフリカ系ブラジル人。

サッカーブラジル代表のエースとして3度のFIFAワールドカップ優勝。15歳でデビューしてから1977年に引退するまで、実働22年間で通算1363試合に出場し1281得点を記録した[1]その実績から、「サッカーの王様」(英語: The King of football、ポルトガル語: O Rei do Futebol)あるいは「20世紀最高のサッカー選手」と評され、多くのサッカー選手、サッカーファンから「サッカー史上最高の選手の一人」と見做されている選手である。




◆名言

ペレを目指すより、最高の自分を目指せ。


厳しい戦いであればあるほど、勝ったときの喜びは大きいものだ。


世界で一番いいFW?・・・自分。世界で一番いいMF?・・・自分。 世界で一番いいDF?・・・自分。世界で一番いいGKはと聞かれても、自分と答えるよ。


サッカーは魔法を使って、すべての人々を夢中にさせる。


私にとって、背番号10番というのは特別な意味を持っています。







タグ:ペレ
posted by ヤマト at 12:28| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

パブロ・ピカソ 名言

18782233_1507427488_231large.jpg


1881年10月25日 - 1973年4月8日、スペインの マラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。
ジョルジュ・ブラック同様、キュビスムの創始者のひとり。
生涯におよそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の
彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であるとギネスブックに記されている。
ピカソは作風がめまぐるしく変化した画家として有名であり、それぞれの時期が
「◯◯の時代」と呼ばれている。




◆名言

母は、私にこう言った。
「あなたは、軍人になれば、いずれ将軍となるでしょう。
修道士になれば、最後には法王となるでしょう。」
私は、その代わりに画家になり、結局ピカソとなった。


私はいつも自分のできないことをしている。そうすればできるようになるからだ。


芸術とはわれわれに真理を悟らせてくれる嘘である。


仕事は人間に必要だ。だから人は目覚まし時計を発明した。


今は、もう感動はない。だから、感想が湧くのである。
感動には、叫びはあるだろうが、言葉はない。


芸術家の資格はただ、智慧と、注意と、誠実と、意志とだけです。


大金を持った貧しい人のように暮らしたい。


人はだれしも絵画を理解しようとする。
それならなぜ小鳥の歌を理解しようとしないのだろう。


あらゆる創造活動はまず何よりも破壊活動である。


子供は誰でも芸術家だ。問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。


他人を模写するのは必要なことである。
しかし、自分を模写するのは哀れなものだ。


ナチスの検閲官はアトリエの机上にあった『ゲルニカ』の写真を指差し、尋ねた。
ナチス「これを描いたのはあなたですか?」
ピカソ「いや、違う。きみたちだ」


芸術は悲しみと苦しみから生まれる。わたしは立ち止まりはしない







posted by ヤマト at 01:51| Comment(0) | は行(世界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。