最近の記事

2013年09月24日

菊川怜 名言

私は女優として将来こういうふうになりたいという
理想のようなものをもっ ていない。
 たとえば「この人のようになりたい」などと決めてしまうと、
思ってもみな かった想像以上におもしろい自分に
到達できるかもしれないのに、
その可能性 をはじめから閉ざしてしまう気がするのだ。





posted by ヤマト at 22:22| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岸本加世子 名言

寂しいときの涙、悔しいときの涙、嬉しいときの涙
嬉し涙って人生の中で数えられるくらい少ない。
共に励まし合い何かを成し遂げたときの感動の涙





posted by ヤマト at 21:32| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加藤茶 名言

病して医者のありがたさを知り、
看護してもらって看護の温かさを知りました。
身を任せられる安心。





posted by ヤマト at 21:03| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

是川銀蔵 名言

imagesCAAPG3YK.jpg


日本の投資家、相場師。最後の相場師と称される人物。
是銀の愛称で親しまれる。
1938年に朝鮮半島に是川鉱業を設立。従業員1万人を雇用する朝鮮有数の大企 業となった。相場師として市場で話題となったのはすでに晩年となった昭和50年代に入ってからで1976年の日本セメント、1979年の同和鉱業、1982年の不二家、1983年の丸善石油、平和不動産の株買い占め、仕手戦で名前が知られた。最も良く知られたものは1981年から1982年にかけて の住友金属鉱山の仕手戦であった。最終学歴は小学校卒。晩年は私財で交通遺児などの支援を行う是川奨学財団を設立。社会福祉に力を入れた。相場師には珍しく終始質素な生活を旨としていた。




◆名言


『時代を先読みする目』を買え。一度でも大勢を誤っていたら、私は消えていたはずだ。


相場の道、すなわち孤独に徹すること。


相場は天井において最も強く見え、底において最も弱く見えるもの。


株式投資ならば相手は不特定多数だし、一人で勝負ができる。
思惑が成功しても失敗しても自分の責任の範囲だ。
それにいくら儲けようと誰にも恨まれることはない。


買って、売って、休む。これが商売で成功する三筋道なのだ。
これはまさに株で相場を張ると同じ呼吸なのである。


これまで証券界百年を越える歴史の中で『大相場師』『大勝負師』と言われる人はたくさん出てきた。
ところが一人の例外もなく、せいぜい続いて4 年か5年、株の世界をパッと賑わしただけで消え去ってしまっている。
これが株式投資の世界における勝負師といわれる人間の運命なのである








ラベル:是川銀蔵
posted by ヤマト at 00:57| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

北野武 名言

20100519_743305.jpg


1947年1月18日 - 、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、芸術家、東京芸術大学大学院映像研究科前教授。学士(工学)。元漫才師(ビートきよしと共に、ツービートとして活動し、現在も稀にきよしと漫才を披露する機
会がある)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。
また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり、高座名「立川錦之助」を持つ。
東京都出身。




◆名言

最後まで押し通せなかったらやさしさではない。
途中でくじけるなら悪人になればいい。
やさしさは根性です。

いつまでもガキの頃の感性を大切にしていきたい。


勉強するから、何をしたいか分かる。
勉強しないから、何をしたいか分からない。


友情というのは、こっちから向こうへ一方的に与えるもので、
向こうから得られる何かではない。友情とは、自分の相手に対する気持ちだ。


世界に何十億と女がいるのに、一人の女に振られただけで、そんなに落ち込んでどうする。
もっと素晴らしく、お前を愛してくれる女の子は一杯いる。
めぐりあってないだけだ。


今、この瞬間から別の行動を起こせば、未来は変わっていく。
この瞬間から違うことすれば、未来なんて変わるんだ、そう思う。








ラベル:北野武
posted by ヤマト at 23:02| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

黒澤明 名言

20091118org00m040018000p_size8.jpg


1910年(明治43年)3月23日、現在の東京都品川区に生まれる。1936年(昭和11年)PCL映画製作所(現・東宝)に入社、山本嘉次郎監督に師事する。1943年(昭和18年)「姿三四郎」で監督デビュー。1998年(平成10年)9月6日午後0時45分、東京都世田谷区成城の自宅で死去。享年88歳。数々の映画賞を始め映画界初の文化勲章、1990年第62回アカデミー賞特別名誉賞など、受賞多数。
「世界のクロサワ」とも呼ばれ、巨匠の名にふさわしい。痛快で娯楽性もある斬新なその作品は観客のみならず全世界の映画人に衝撃を与え、発表当時のみならず今なお映画製作・映像製作に多大な影響を与え続けている。




◆名言

自分が本当に好きなものを見つけて下さい。
見つかったら、その大切なもののために努力しなさい。
君たちは、努力したい何かを持っているはず。
きっとそれは、君たちの心のこもった立派な仕事になるでしょう。


これでもか、これでもかと頑張って、一歩踏み込んで、それでも粘ってもう一頑張りして、もう駄目だと思ってもズカッと踏み込んで、そうしていると突き抜けるんだ


悪魔のように細心に、天使のように大胆に。


些細なことだといって、ひとつ妥協したら、将棋倒しにすべてがこわれてしまう。


自分を飽きさせずに面白く働かせるコツは、一生懸命努力してしつこく踏ん張るしかないんだ。



人間、自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。


自分の人生経験だけでは足りないのだから、人類の遺産の文学作品を読まないと、人間は一人前にならない。


恥をかいてもいいから、ズカズカ踏み込むんだ。


世界中の優れた小説や戯曲を読むべきだ。
それらがなぜ「名作」と呼ばれるのか、考えてみる必要がある。









ラベル:黒澤明
posted by ヤマト at 01:38| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

木村政彦 名言

250px-Masahiko_Kimura_(1917-1993).jpg


1917年9月10日 - 1993年4月18日、日本の柔道家(七段)。
全日本選手権13年連続保持[1]、天覧試合優勝も含め、15年間不敗のまま引退した[2]。現在においても史上最強の柔道家と称されることが多く、「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と讃えられた。また、その荒々しい柔道スタイルから「鬼の木村」の異名を持つ。





◆名言

人の二倍努力する者は必ずどこかにいる。 三倍努力すれば少しは安心できるというものだ。










ラベル:木村政彦
posted by ヤマト at 13:55| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

衣笠祥雄 名言

060809_img_1.jpg


1947年1月18日 - 、京都府京都市東山区出身の元プロ野球選手(内野手)。
65年に平安高校から広島カープに入団。
70年10月から始まった連続試合出場記録は、87年6月13日、当時ルー・ゲーリックが持っていた世界記録(2130試合)を塗り替え、同年10月に引退するまで続いた。
この時達成した2215試合の記録は96年、カル・リプケンに抜かれるまで世界記録だった。
この間、75年の赤ヘルブームの立役者となり、日本一にも輝く。
盗塁王(76年)、打点王(84年)も獲得。87年、国民栄誉賞受賞。96年、野球殿堂入り。
引退後は野球解説者、テレビのコメンテーターとしても活躍している。




◆名言

自信、そのはじめのきっかけを作るのは、きみたち自身なんだ。
わかるかい。
夢に追いつくためには、まず足もとの小さな自信からつけていこう。
やがてそれが、夢をつかむまでになると信じて。


ひとつハードルを飛び越えられれば、必ずひとつ力がつく。
それが自信になって、次にはもう一段高いハードルを越えられるものだ。


どんな時でも、投げてくる球をしっかり見据えてフルスイングしないと何も残らない。
明日につながらないんです。
人生だって同じかもしれませんね。


人間、自分ひとりでできることには限界がある。
だけど、人と力を合わせると、不思議なことに不可能も可能に、夢も現実になっていく。
だから、出会う人を大切にするんだよ。


自分がどんな人間で、何ができるか、毎晩、床に入って二、三分でいいから考えてみることをお勧めしたい。
夢はそこから生まれてくる。



僕は野球が大好きでした。
こんな大好きなことを1日たりとも休めますか?


一番の根本は、自分を信じ切れたかどうかである。


運というのは、つかむべく努力している人のところへ訪れてくる。


自分がここにいるのは、可能性があるということだ。
可能性がなければ、この場所にはいない。
そう思って、いつも自分を信じることだ。


人生なんて案外「他人」の一言が決めてくれるものなのですね。






ラベル:衣笠祥雄
posted by ヤマト at 00:31| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。