最近の記事

2013年10月23日

堺雅人 名言

舞台は『役者はときどき間違える』ということを見越して作られている芸術なんじゃないか、と思ったんです。
生身の人間がやる、エラーを前提とした芸術なんだって。
だから大切なのは、間違いなく再現することより、生き生きとそこにいるということ。
間違えたら、その間違いを受け入れて演技をつづければいい。
そうしたことで生まれる『いきいきした感じ』が舞台の最大の魅力なのではないだろうか、と


どんな相手もまず信頼する。
そして裏切られたらその都度考える。
最初に信頼する相手のことは選ばず、どんな相手でも信頼します


(時代劇のおもしろさは)様々な時代を知ることで、

今の価値観がすべてではないと気づかされることです。


今の価値観が一番良いものだとすると、時代の流れは一直線で、
悪かった時代から良い時代へと進んでいるような錯覚を抱いてしまう。
でも決してそうではない。
昔のように、そんなに考えずに親が決めた仕事に就けばいいとか、
自分とは何だろうなんて考えずに一生を終えることができる
というのも案外いいことかもしれない。


借り物の価値観ではなく、自分の頭で判断して行動し、責任もとる。
「人はどうなのか」といったことは気にせず、あくまで自分の価値観で、
できる範囲のことを淡々と実践している。


ルールは先に作らず、その場で考える。


僕が責任を持ってやるべきことは次の役のこと。
自分らしい演技とは何かなどと考えることはしない。
そんな時間があれば、もう一度、今抱えている作品の台本を読んだ方がいい。
自分のことや過去を掘り下げる作業にさほど関心もなく、
視線の矛先は常に現在であり、これから先なんですよね。









posted by ヤマト at 23:15| Comment(0) | さ行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロッケ 名言

僕には小さい頃から大事にしている、祖母から教えてもらった言葉があるんです。
それはあおいくまです。
あ…あきらめるな
お…おこるな
い…いそぐな
く…くさるな
ま…まけるな

僕はあくまでパロディー派なので、本物になっちゃいけないと思っています。
僕は本物にはならないからこそ、お客さんにも興味を持って頂けているんだと思っています


ものまねを今の位置から もっと格上げして、
エンターテインメントとして 人々に愛されるものにしていきたい。
日本はまだ大道芸にしてもパフォーマンスにしても評価が低いんですよ。
こだわっていると言えば、そこに一番こだわっているかもしれません








posted by ヤマト at 22:57| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小山慶一郎(NEWS) 名言

一つ決めてることがある。
人の悪口は絶対言わない、噂話も口にしない。
噂って人から人へ伝わっていくから、人の口を通せばニュアンスが変わる事がある。
それが誰かを傷つけたりする事はあってはならないこと。
誰かの悪口を言う暇があったら自分の欠点を一つでも直しなよ!って僕は思ってる。


今は前に進む事しか考えてない。
だって人生は一度きり。
今日は今日しかないんだから。
悩んだりヘコんだりする事もあるけど、
今日という一日を楽しまなかったら人生を楽しむ事も充実した時間を自分の物にする事もできない。
どんな瞬間でも自分を信じて楽しんで目の前の道を突き進むしかない。


涙は真剣に生きてること








posted by ヤマト at 22:52| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒柳徹子 名言

『私、これじゃなきゃダメなの』と決め込んだりしないことが大切ね。
いくつになっても変われる可能性があると思うと、ワクワクするじゃない?


夢は一人ひとり違うものです。
興味や才能もみんな違うのです。
それが個性というものです。
どうして『こうでなくてはいけない』と決めつけるのでしょうか


家族が一緒にいること。
みんなが健康で、そこに温かい笑顔があること。
それこそが人間の本当の幸福ではないか


反省は母親の胎内に忘れてきた


少しは反省もするんですよ。
でもね、次の日には忘れちゃう








posted by ヤマト at 22:16| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草g剛(SMAP) 名言

暗い気持ちで過ごしていると、さらに暗いことが起きるような気がする。
だから僕はいつも笑っていようと思います。
楽しいこと、いいことっていうのは、自分自身で起こせるはず。


嫌いな人がいるという場合には、
その人を受け入れられない自分の中の未熟な部分に目を向けたいと思う


僕、人生勘違いなの。
自分はココが良いんだってすごく勘違いでやってきてるから、
全然へこまないし、悩まないし、迷わない


もっともっと僕のことを色んな人に知ってもらいたいし
それにふさわしい人間になりたい。
そのために、今を一生懸命生きて、日々頑張るのみ


僕が今ありがとうを言いたいのは、人生にかな。
この時代に出会えた全てにありがとうって。
だって僕、幸せだもん、すごく。
だから、これからもありがとうと思える人生を歩んでいきたいなと思うんだよね


たぶん順番があって、どの世代にも脚光を浴びる時代がめぐってくると思うんです。
問題は、そのときがくるまでに、しっかり準備しておけるかどうか。
今輝いている人たちは準備を怠らず、自分の力を発揮できているわけで、
本当にすばらしいと思いますね










posted by ヤマト at 21:34| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清武弘嗣 名言

うまく気持ちがボールに乗ってくれた


今は、負ける気がしない。


信頼できる人を頼りましょ。
人間1人じゃ絶対生きていけん。
自分を大事に思ってくれてる人が必ずいるから。


辛い事やきつい事、悲しい事、
疲れたりしたら…笑顔が大切だと思います。








posted by ヤマト at 21:26| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木村佳乃 名言

賛否の否があってこその評価だと思うんですよね。
否があるということは、作品に個性があるということだと思うので


人ってみんな、違っていていいもので、これがいいからと右へ習えをする必要はないと思うんです。
一人一人個性は違って大丈夫っていう世の中に、もっともっとなっていけばいいなと。
そうすれば、こうしなきゃって自分の力以上に頑張らなくてもよくなるんじゃないかと思います。
リラックスしたときに人の良さって出ると思うので


間違えることを恐れて行動しない人は、小さくまとまってしまうような気がするんです。
やっぱり人は間違えるものだし、たとえ間違えたとしても、反省はするけど、悔やんだりはしないです。
痛い思いをすることもあるけど、それで人は勉強しますから


しょっちゅう悩んでいるし、いろいろ考えますよ。
私だけじゃなく、悩みがない人ってそんなにいないんじゃないですかね。
私の場合、考えてもしょうがないことは、グチグチ考えない。
それよりも行動を起こさないほうがもったいないと思うので、
悩んでいるよりは行動に移すタイプです








posted by ヤマト at 21:15| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木村拓哉(SMAP) 名言

神様からの2番目の奇跡は一緒に生きていく人と知り会うタイミング


楽しんでるヤツっていいな、って思う。
そういうヤツって他の人に影響を与えてくれるくらいになるだろうし。
自分はいつもそうありたいと思う。楽しんだ者勝ちなんだよ。
きっと


同じたい焼き売るなら、チェーン店より老舗になりたい。
『あそこのだから食べたい』って言われるような。
パッケージなんか単なる新聞紙なんだけど、中に入ってるたい焼きは、いちばんうまいっていうね。


結婚って、相手に対する責任なんだろうね。
きちんと将来まで責任取ること。


相性って難しいと思うよ。
結局それって鍵と鍵穴みたいなもんで、最近の鍵は、一応どの穴にでも入ることは入るんだよ。
でも、ぴったりとくるのはただひとつだけ。
ぴったりこないと鍵は回らないし開かないよね。


不満はいくら相手を好きでも生まれてくるものだし、
濡れぞうきんで拭けばわりと簡単に取れそうじゃない?
でも、不安は特殊な洗剤で早めに除去しないと、落ちなくなっちゃうようなものだから。


『器の大きい人』って言うけど、自分はそんな物は持っていません。
もしも転んでしまったら割れてしまうし、ヒビは入るし。
持ってたいのは、『ぷにょぷにょ』な大きい心です。」


もう一度生まれ変わって自分で選べるとしたら、
もう木村拓哉にはならない。
一回でいいよ。パート2はない。
そう思ってなきゃ、先に進んでいけない。








posted by ヤマト at 21:02| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木梨憲武(とんねるず) 名言

口の利き方を知らないと確かに人生が台無しになります。


(素人時代に参加した番組の)控室で、人形とか7つの商品を(石橋と)順番に取り合った思い出がある


(デビュー前、賞金ほしさに参加したテレ東の番組「ドバドバ大爆弾」に関するエピソードをきかれて。結局、賞金は勝ち取れず「トボトボと取手(収録会場だった茨城の市民会館)から帰った」
(石橋)が、審査員特別賞をもらい景品をじゃんけんで取り合った逸話を明かした。


適度な息抜きさえできれば何事も集中できるかも


100円でも、100万円でも、ドキドキは同じ!








posted by ヤマト at 20:41| Comment(0) | か行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石橋貴明(とんねるず) 名言

頑張ってるとね、きっとご褒美があるんですよ。
ちゃーんとね。


下積みはつらくなかった。だって好きなことだから。


いつもポケットは、夢でパンパンでした。


世に出てくる人って、やっぱりって思うことはとても多いんです。
彼らは「なるほど」ということをちゃんとやってる。考えもつかないような努力をしてる。


やってねぇヤツに限って、不平不満を言うんですよ。
「こんな仕事、やってられない」。これでは何も手に入らない。


10年後がイメージできれば、今やるべきことが見えてくる。


芸能界の仕事は一年一年が勝負なんです。
今年頑張らないと、もう来年はないといつも思ってる。



ミスったっていーんだよ!
どうせお前なんか誰も見ちゃいねーよ!









posted by ヤマト at 20:35| Comment(0) | あ行(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。